トヨタ 新型 アルファード ヴェルファイア 30型ラグジュアリーミニバン2018年モデルチェンジ 予想

2015年1月にフルモデルチェンジを遂げた人気の高いトヨタ「アルファード&ヴェルファイア」(30系)の最新モデルが2017年10月東京モーターショー披露される予定です。
待望の安全運転アシストシステム「セーフティ センス P」が装備される可能性が高い。発売は2017年末~2018年初頭と予想されています。
【2017年 主な改良内容予想】
詳しい情報は未確認ですが、エクステリアデザインに大幅変更が加わるとの事。併せてインテリア質感&利便性の向上と安全アシスト機能のアップグレード。
当初2016年内に一部改良と「セーフティ センス P」搭載の噂が自動車メディアに掲載されていたのですが、それ以来情報が無く結果的にトヨタ公式アナウンスにありました2017年内までに全てのグレードへの「セーフティセンスCまたはP」搭載可能とする流れに。
主な改良予想としてはC-HRにも採用される「流れるウィンカー&ハザードランプ」と、リモコンキーを持つオーナーが自動車に近づくとドアミラー下を照らす「ウェルカムランプ」等一部グレードに標準装備の可能性も噂されています。
30系アルファード・ヴェルファイアのフルモデルチェンジは2020年夏頃と予想されています。
TNGA技術が取り入れられパワートレインは、次期カムリやクラウンに採用されるハイブリッド専用2.5Lガソリンエンジン+モーターに加えPHVモデルもラインナップ。
安定感と快適性それに安全性が大幅にアップグレードしそうですね。
トヨタのミニバンの超人気車種「アルファード・ヴェルファイア」から今後も目を離せませんね!