「ゾーン30」って何!?自動車ユーザーなら知っておきたい基礎知識

「ソーン30」という言葉はご存知ですか?聞きなれない言葉だと思う人も多いかと思いますが、実は2011年からすでに始まっている交通安全対策のひとつとして施行されています。自動車ユーザーなら“知らなかった”では済まされないものなので、ひと通り知識を身につけていきましょう!
「ゾーン30」というのは、特定の区域(ゾーン)において車の最高速度を30キロ以内に制限して、自動車事故を防ぐというものです。その地域に生活する人が幹線道路にでるために使う「生活道路」がゾーンとなり、路面に「ゾーン30」と表記。さらに「区域ここから」とかかれた最高速度30キロの規制標識も掲げられます。
なぜ30キロかのか?その理由は、自動車の時速が30キロを超えると、衝突事故があった場合に歩行者の致死率が跳ね上がる為のようです。20~30キロでは致死率が0.9%になのに対して、30~40キロでは2.7%にまで跳ね上がっています。さらに、40~50キロでは、7.8%にまで上昇するようです。
皆さん気を付けて運転しましょう!