中古車は走行距離が短ければ短いほどいいのか?

皆様一度はこのような事を思った事はないでしょうか?

中古車を購入する場合、走行距離が少ないクルマを選ぶのはごくごく自然な事だと思います。また、新車で買ったとしても、走行距離がドンドンとかさむよりも、あまりは走らないほうが好調が続く気はする。ただし、これはすべてのクルマに言えるわけではないんです。
人間が寝たまま長生きするかというと、そんなわけはなく、適度に運動したりストレスがあったほうが長生きするのと一緒です。要はクルマの年式に対して適正な距離(1年1万キロくらい)で走っているかが重要となってきます。
1990年代のクルマを中心に取り扱っている中古車店を取材すると、、走行距離数百キロのクルマが出てきたという話をよく聞く。一見すると、新車が現代にタイムスリップしてきた~!なんて気になるけど、実は一概にそうとも言えない。エンジンは毎週掛けて、近所一周も欠かしませんでした、という話なら別ですが、結局は放置されていただけで「起こすのが大変」とスタッフはみんな口を揃えて言う。
このようなのは極端な例だとしても、ごくごくたまにしか乗らないのは、実はクルマにとっていいこととは必ずしもいえない。まず、ゴム類は走らないでも劣化していく。また各部に使われている油脂類も同様で、使わないでも自然に酸化します。

色々とお話しましたが、このような事を頭の片隅において今後のクルマ選びをしてみてはいかがでしょうか。