2016年 主なブランド別新車販売台数

昨年の主なブランド別『国内新車販売台数』は約497万台で、2年連続で減少しました。この500万台割れは2011年の東日本大震災が起きた時以来の5年ぶり。大きな要因としては、2015年4月から始まった軽自動車税の増税による販売低迷と、三菱自動車の燃費データ改ざん問題等が尾を引いて減販となったようです。
国内新車販売台数のランキングですが、登録車(普通車)ではトヨタがダントツトップ!軽自動車では、ダイハツがトップでした!
その他のランキングは下記のとおりです。

《登録車ランキング》
1位 トヨタ 149万8758台
2位 日産   38万5623台
3位 ホンダ  38万3820台
4位 マツダ  16万2274台
5位 スバル  12万1989台
6位 スズキ  10万2127台
7位 レクサス  5万2150台
8位 三菱自動車 3万5524台
9位 ダイハツ    6859台

《軽自動車ランキング》
1位 ダイハツ 58万0115台
2位 スズキ  52万0739台
3位 ホンダ  32万3224台
4位 日産   14万8792台
5位 三菱自動車 5万0196台
6位 マツダ   3万9130台
7位 スバル   3万3789台
8位 トヨタ   2万9415台

今年も各メーカー続々と新型車の発表で、どのメーカーがトップの座に躍り出てくるのか今から楽しみですね♪