梅雨に起こりがちな車のトラブルにどう対処?

クルマはつねに外気にさらされていますが、季節による環境の違いで、そのときどきのトラブルが変わってきます。

 梅雨の時期は、雨が降ったり湿度が高くてジメジメしたりと、クルマにとってもコンディション維持が難しい季節であるといえます。

梅雨特有のトラブルもいくつか考えられますが、「雨と湿気」にどう対処するかでクルマの状態が変わってきます。

雨が降り続く梅雨は、せっかく洗車してもまた汚れてしまうものです。

 しかし、「どうせまた濡れるから」とそのまま放置していると、雨ジミという白いウロコのようなシミができてしまいます。

 雨ジミはイオンデポジットとも呼ばれており、水滴が残りやすいルーフやボンネットなどに発生しやすいようです。

 そのほかにボディに付着した油やスス、粉塵などが濡れた後に乾燥してできる水アカもあります。

 雨ジミや水アカを放置するとボディに固着して、簡単には取れなくなってしまいます。さらにこのシミが凸凹となり、新しい水分(雨)が付着するとレンズのような役割を果たし、ボディ表面を傷める原因にもなります。

雨ジミや水アカ対策として、洗車をしてコーティングで保護するのがよいでしょう。その場合、通常のワックス(油性)を使用すると雨に濡れて流れ出し、油膜を形成する原因にもなります。

梅雨の時期に運転していて厄介なのが、フロントウインドウがくもりやすいことです。雨が多く湿度が高い季節は、空気が溜め込める限界を超える水蒸気が水滴となる「結露」が発生しやすくなります。

前方視界が悪くなることを考えると、できるだけくもらせたくない部分ですが、拭いてもすぐにくもってしまうのは、窓の内側にホコリなどの汚れが付着している可能性が高いといわれています。

内側は洗剤を薄めた水に浸して固く絞ったクロスなどで拭き上げるだけでも、くもりづらくなります。

また走行中にフロントウインドウがくもってしまう場合は、エアコンの「デフロスター」機能を使うのが一般的です。

梅雨はクルマにトラブルが発生しやすい時期です。早めに対策を施して、梅雨でも快適なカーライフを送れるようにしましょう。