車のワイパーは進化しているの?

ワイパー画像

みなさんこんにちわ!今回は普段あまり気にされていないワイパーについて考えてみようと思います!

 雨の日のドライブの必需品がワイパー。ウインドウにはっ水処理を施している人はあまり使わないかも知れませんが、それでもワイパーは必需品です。
 車検時にはワイパーの作動と、ウインドウウォッシャー液の噴射がきちんと行われるかがチェックされ、動作不良があると車検に合格しません。
 そんな自動車のワイパー、「フロントウィンドウに付いた雨粒をブレードが往復して拭いとる」という基本構造は、ここ100年間変わっていません。
 動力(エンジン)や駆動系が日々進化しているというのに、なぜワイパーは進化しないのか。もうこの先も進化しないのか。それとも気づいてないだけで、実は進化している…のか……??自動車の構造に詳しいジャーナリストに解説していただきました。
「ゴムのブレードをガラスに押しつけて表面の水を拭く」というワイパーの基本動作は、1903年にアメリカのメアリー・アンダーソンという女性によって発明され特許が取得されています。

 その5年後の1908年にはドイツで手動式のワイパーの特許が取得され、1926年にはドイツのボッシュが電動モーターによるワイパーシステムを開発、発表しました。

ワイパーの基本動作は1903年に発明された(Sashkin@AdobeStock)

 その後、さまざまな進化を遂げているワイパーですが、基本動作は約100年変わらないため、「進化していない」と思われがちなのです。

 しかし考えてみてください、タイヤだってずっと黒くて丸いままですが、多くの進歩を重ねてきています。クルマに採用されているさまざまな装備は(一見進化していないようで)、確実に進化を遂げているのです。
■ワイパーの歴史

 ボッシュが発表している「ワイパーの歴史」を見てみると、意外なことがわかりました。

 現在のように曲面フロントガラスに対応できるワイパーブレードが登場したのは1958年とのことです。つまり、それ以前のフロントガラスの多くは平面ガラスであったということになります。
さらにびっくりなのが、リヤウインドゥ用のワイパーです。
 ボッシュの資料では「1975年から」となっていますが、日本では1972年に登場した初代シビックがリヤワイパーを装備していましたので、そちらのほうが先ということになります。
 どちらにしろ1970年代まではリヤワイパーというものが存在していなかったのは、ちょっと驚きです。
在のフロントウインドゥは3次曲面ガラスを使用しているので、さらに高いフィッティング性能が必要になります。

■実はワイパーも進化していた!

 その後のワイパーも進化もさまざまなものがあります。

 まず、一般的なワイパーの原理を説明しましょう。一般的にワイパーはウインドウに付いた雨を拭き取っていると思われがちですが、じつはそうではないのです。

 雨を拭き取るのではなく、均一に薄くのばして一定の厚さの水膜を作っています。そうすることで視界を確保しています。

 しかし40年程度前からはウインドゥにはっ水加工をすることが流行り始めます。当初はアフターマーケットの世界だけでのことだったのですが、今ではメーカー純正ではっ水をするようにもなってきています。

 はっ水加工をしたウインドゥは水を均一に伸ばすのではなく、水をはじいて視界を確保します。はっ水加工は永久的に持続しないので、ときどき加工し直す必要があります。その作業をワイパーに任せる方法もあり、ワイパーとして作動させながらはっ水剤を塗るということをしているものも存在します。
また、ワイパーそのものではなく、制御系も進化しています。

 黎明期のワイパーは“ハイ”と“ロー”の2種類くらいしか調整できませんが、時間をあけて作動する“間けつワイパー”が登場。さらに最近は自動的に作動する“オート”も増えてきています。

 クルマはつねに進化しています。その理由は魅力を高めるためであったり、安全性を高めるためであったり、価値を高めるためであったりとさまざまですが、廃止されるものもある一方、非常に数多くの部分が進化を止めていないことは紛れもない事実なのです。

今後の日本の車作りに大いに期待しましょう!