黄砂に気をつけて!

そもそも黄砂って何!?

黄砂は中国大陸内陸部のタクラマカン砂漠、ゴビ砂漠や黄土高原など、乾燥・半乾燥地域で、風によって数千メートルの高度にまで巻き上げられた土壌・鉱物粒子が偏西風に乗って日本に飛来し、大気中に浮遊あるいは降下する現象です。

風によって大気中に舞い上げられた黄砂は、発生源地域周辺の農業生産や生活環境にしばしば重大な被害を与えるばかりでなく、大気中に浮遊し、黄砂粒子を核とした雲の発生・降水過程を通して地球全体の気候に影響を及ぼしています。

また、海洋へも降下して、海洋表層のプランクトンへのミネラル分の供給を通して海洋の生態系にも大きな影響を与えていると考えられていますが、その量についてはまだ明確にはなっていません。

黄砂現象は従来、自然現象であると理解されてきましたが、近年ではその頻度と被害が甚大化しており、急速に広がりつつある過放牧や農地転換による土地の劣化等との関連性も指摘されています。

そのため、黄砂は単なる自然現象から、森林減少、土地の劣化、砂漠化といった人為的影響による側面も持った環境問題として認識が高まっています。

黄砂から身を守るには

「あまり神経質になり過ぎる必要はありませんが、黄砂日や空がかすむ日に不調を感じる人は、対策を取るといいでしょう。たとえば黄砂飛来が予測される日は、外にふとんや洗濯物を干さない、空気清浄機を使う、外出時はマスクをする、帰宅したらお風呂に入るなど、一般的な花粉症対策と同じです。

 マスクは自分の顔にフィットするものを選び、隙間ができないよう装着します。隙間があると、いくらフィルターの性能が良くてもかえって隙間からの流入が多くなります」

最近の報告では、黄砂に微小なマイクロプラスチックが混じることもあるようです。大気の様子や気象情報などを活用して対処しましょう。

皆さん、黄砂には気をつけましょうね!