最新の安全装備付きのクルマでも事故は起こる! 正しい知識とは?

ブレーキとアクセルの踏み間違いによる悲惨な事故が未だに後を立ちません。以前は運転アシスト機能付きの最新モデルが普及することでこのような事故の発生は減少していくと期待していましたが、最近のニュースを見ていると、そうした機能が付いているはずの最新モデルでも同様の事故が発生していたりしています。その原因は一体どこにあるのでしょうか。
運転アシスト機能は各社さまざまなレベルの仕様の機能を装備させていて、同一メーカー内においても一様ではない。たとえばブレーキアシスト機能でみると、前方に障害物を検知するとドライバーが気が付かずにブレーキを踏み遅れても、機械が事前にブレーキをかけ衝突被害を軽減してくれる。

まずここで重大な誤解がユーザーの間に引き起こされています。自動ブレーキ=衝突回避機能と捉え、障害物に衝突することなく車両が手前で安全に自動停止してくれると信じ込んでしまっているユーザーが多いです。実際は多くのモデルにおいて採用されているのは衝突被害軽減ブレーキ機能です。衝突は完全に避けられませんが、ぶつかる直前にわずかでも減速させて衝突時の被害を軽減させよう、というのがシステムの狙いです。運動エネルギーは速度に二乗に比例して大きくなるので、わずかでも減速できれば衝突の衝撃を軽減できると考えられるから。

つまり自動ブレーキというのは衝突を完全に回避できるものではなく、クルーズコントロール使用時に前車との間隔を保ったり、急停車に備えるための「自動」なのであって、完全に衝突回避できるシステムとはなっていないという理解が浸透していません。

自動ブレーキは近赤外線レーザーや音波ソナー、単眼、多眼カメラなどで前方車両や障害物を認識し、走行速度と障害物までの距離を算出しブレーキを自動でかける仕組みですが、メーカーや仕様によって認知機能はさまざま。前方に壁があっても認識できなかったり、歩行者や自転車など動く物だと検知できない機能は完璧ではありません。雨天や西日による逆光、雪や泥などの汚れで検知機能が作動しないこともあります。

また夏タイヤで雪道を走っている場合など、障害物を検知できてブレーキをかけても、タイヤがグリップせずに衝突してしまうこともあります。このように自動ブレーキひとつとってもまだまだ完全なものはないという実情をすべてのドライバーは知るっておくべきですね。
CMコピーを信じてクルマを購入したユーザーが装置の実力を試そうとして事故を引き起こしてしまうこともありえます。我々自動車メディアのテストでも自動運転など運転アシスト機能のテストをすることは専門の設備と安全が担保された状況がなければ行わなりません。一般ドライバーが一般道で試すなどというのは犯罪に近い行為だと肝に命じるべきです。

「法の不知はこれを許さず」と刑法38条3項に定められていますが、ドライバーに当てはめれば運転するクルマの機能を熟知し、けしてそれを無闇に試さず、安全に運転する義務があるはず。
運転アシスト機能は正しく理解して使いこなせば事故の減少効果は大きいので、正しい情報を得て、上手に乗りこなしていきたいですね。