マツダ MX-30!!

MX-30

皆さんこんにちは!

これまでのマツダとは何かが違うぞ! 新型コンパクトSUV「MX-30」を見てそう感じた方は多いはずです。
ボディサイズがほぼ一緒なCX-30と見比べるとその差は一目瞭然。
“魂動デザイン”の新潮流、新型MX-30を解説します!

2020年10月8日、マイルドハイブリッドモデルから発売を開始したマツダの新型コンパクトSUV
「MX-30(エムエックス サーティー)」。
4395mmの全長はマツダのコンパクトSUV「CX-30(シーエックス サーティ)」と同じですが、
見た目からして随分と違う形に仕上がりました。
MX-30とはどういうクルマなのだろうか。今回はその外観について、解説します。

MX-30のボディサイズは、全長4395mm×全幅1795mm×全高1550mm、ホイールベース2655mm。
先行して2019年10月に発売を開始しているコンパクトSUVのCX-30は、
全長4395mm×全幅1795mm×全高1540mm、ホイールベース2655mmと、実はほぼ一緒のサイズとなっています。

CX-30は、エレガントさを増した第二世代の“魂動デザイン”が特徴。
ボディサイドの映り込みがS字を描く艶やかな形状は特に印象的です。

これに対しMX-30は魂動デザインの考え方は同じとしながらも、
「Human Modern(ヒューマン モダン)」をテーマにシンプルな立体造形とした。
マツダのデザイン潮流がここから変化していくのでしょうか。

シンプルなフロントまわりと力強いリアまわりが対照的。
フロントでは、他のマツダ車で見られる「シグネチャーウイング」(グリル下部から左右ライトへとつながるライン)
をあえて採用せず、グリル自体も小さめ。力強さを残しつつも、シンプルで親しみやすいデザインとなっています。

ボディサイドも、CX-30の妖艶なS字断面とは異なりシンプルです。

CX-30よりもAピラー(フロントウィンドウの柱)は立っていて、シンプルさを強調。
いっぽうでDピラー(リアウィンドウの柱)は寝ていて、このクルマがスペース効率ばかりを追うクルマではないことを暗示する。
Dピラーサイドなどにはメタリックカラーを配置。
キャビンの上半分をダークもしくはシルバー色とし、クーペルックとサイドドアを強調させる
「フレームドトップ」としたことで、MX-30の独自性が強調された。

フロント部のシンプルさに比べ、ボディ後半、特にリアフェンダーまわりやテールエンドなどはどっしりとした
ボリューム感が与えられ、力強さも感じられる。
ただDピラーが寝ていたり、ルーフカラーを別色としたことで、見た目の重苦しさはない。

・MX-30最大の特徴「フリースタイルドア」
MX-30最大の特徴といえば、やはり「フリースタイルドア」でしょう。
2ドアクーペの雰囲気に実用性をプラスした、独自のセンターオープン式(観音開き)構造となっています。

フリースタイルドアは前82度、後ろ80度まで開く。
他にはあまり採用例のない独自な形状だが、後席チャイルドシートの乗せ降ろしも楽にできるなど、意外なメリットも。

なおMX-30は今後、EV(電気自動車)モデルも追加されます。
バッテリー100%で稼働するピュアEVモデルに加え、小型のロータリーエンジンを発電機として
搭載し航続可能距離を延ばすモデル(レンジエクステンダータイプ)も登場予定です。