雨の日は事故多発!安全運転のために必要なこととは

皆さんこんにちは!

段々と朝晩が寒くなってきましたね。
外に出るのもおっくうになる雨の日…。車があれば買い物や送り迎えがとってもラクですよね!
でも、運転でヒヤリとした経験が多いのも雨の日ではないでしょうか?
歩行者も前方不注意になりがちで、思わぬ危険が潜む雨の日の運転。
もっと楽しく安全に運転するために気をつけると良いポイントについて、役立つ情報をお届けいたします。

・雨の日は事故は晴れの日の約5倍!?
ご存知ですか?晴れの日と雨の日の、1時間あたりの交通事故件数の割合は比較すると約5倍にもなるそうです。
雨の日の方が多いだろうという予測はつきますが、約5倍になるとは驚きの事実ではないでしょうか。
これだけ急増する背景にいったい何があるのでしょう。
注意すべき点を洗い出し、対策することで雨の日の事故を減らすことができるのではないかと考えています。

・多いのは「スリップ事故」と「視界不良による事故」
晴れの日は追突事故が多いのに対し、雨の日はガードレールや建物への追突、いわゆる「施設接触事故」が多いといわれています。
スリップや視界不良が原因となっているのですが、その中でも多いのがスリップです。
スリップする原因の多くはスピードの出し過ぎです。
特にカーブでのスリップ事故が多く発生しています。
速度を落とさずにカーブに進入して急な減速を行ったり、カーブの終わりで急に加速したりなどでスリップは起こりがちです。

・ハイドロプレーニング現象を知っておこう
スリップ事故が起きやすくなるのは時速60km以上。
スピードを出せば、ブレーキの制動距離が長くなるだけでなく、水たまりなどでハイドロプレーニング現象を引き起こします。
タイヤが横滑りするなど危険を感じたら、できるだけハンドルを動かさずアクセルから足を離し、エンジンブレーキで自然に減速しましょう。
特に豪雨時の走行、雨の日の高速道路走行は要注意です。意識的にスピードを落として、慎重な運転を心がけましょう。
スピードを出していなかったとしても、雨の日は、晴れの日と比べて制動距離が長くなりがちです。
早めのブレーキを心がけるようにすると良いでしょう。

・事故を防ぐには定期点検も大切。
タイヤやワイパーの定期点検で事故を防ぎましょう。
事故を防ぐために「タイヤやワイパーなどの定期点検を行う」ことも事故防止につながります。
サービスステーションで給油のタイミングなどで相談してみるようにしましょう。
特にタイヤが摩耗した状態で車に乗り続けるとスリップ事故やパンク事故の原因となります。
長距離ドライブや車で旅行に行く前には、タイヤの摩耗(溝の状態)や空気圧を見ておくことをオススメします。
タイヤの交換時期は、乗り方にもよりますが残溝が2mm以下になると交換の目安です。
お困りのことがありましたらぜひご相談下さい。