夏の終わりは要注意!? クルマのトラブルは突然やってくる!

皆さんこんにちは!

2020年の夏は、例年に比べて厳しい猛暑が続き、炎天下に晒されたクルマはさまざまな影響を受けています。
そのため、秋から冬に掛けて愛車を長持ちさせるためにも小まめなメンテナンスを心がけることが大切です。
では、夏の影響を受けて起こりやすいクルマトラブルには、どんなものがあるのでしょうか。

JAFの「ロードサービス 主な出動理由TOP10」によると、2019年9月から10月で多かったのが
「過放電バッテリー」、「タイヤのパンク、バースト、エア圧不足」という結果になっています。

バッテリーやタイヤに関するトラブルが多発していることがわかっていますが、それはなぜなのでしょうか。
また、秋に向けてどんなメンテナンスを行うべきなのでしょうか。
夏場や秋から冬場にかけては、1年でもっともバッテリーが酷使されるシーズンです。

夏場は、猛暑酷暑によってエアコンをフル稼働させます。
冬を迎える秋口は、日照時間が短くなることでヘッドライトを付ける時間が伸び、
バッテリーの消耗が早くなる可能性が高いです。

そのため、夏の終わりを迎える秋口に向けて、バッテリー周辺の小まめな点検を心がけるとともに、
もし弱っている場合は早めの交換を意識してください。
次に、ウォッシャー液の確認です。
関東圏は、そこまで気温が大きく下がることはないものの、東北など雪の降る地域では
秋口でも朝の最低気温がマイナスになることもあります。
気温の低下によりウォッシャー液が凍るケースもあるので、現在使用している液の種類を
事前に確認して、冬に耐えられるものに交換しておく必要があります。
また、ユーザーのなかにはメーカー側であらかじめ敷いてあるフロアマットの上に、
重ねてフロアマットを敷く人もいますが、二重になったマットとマットの間に湿気が溜まることもあります。
車内の換気をおこなうと同時にフロアマットも室内から取り出して日干しすることも
車内を快適にする秘訣です。

そして、忘れてはいけないのがタイヤチェックです。
まず、タイヤがすり減ってスリップサインが出ていないか、サイドウォールに傷はないかといった部分は
日常的に確認しましょう。

また、空気圧も日常的に見ることが推奨されますが、とくに、夏から秋にかけて気温が下がると、
タイヤの空気圧も低くなります。
空気圧の下がった状態で走行を続けると燃費に影響するほか、万が一の事故につながる可能性も十分に考えられます。

また、高速走行するとタイヤが波打つ「スタンディングウェーブ現象」が発生してバーストを起こす危険性もあります。

※多発する「キー閉じ込み」にはどう対処すれば?
秋シーズンに多発するクルマのトラブルでは、「キー閉じ込み」があります。
キー閉じ込みとは、車内に鍵を置いたまま、自分が外に出ている状態ですべてのドアを
ロックしてしまう状態を指します。

ひと昔前のクルマは、各ドアの車内からロックをかけ、最後に運転席のドアハンドルを引いた状態で
ドアを閉めるとロックされる仕組みでした。
そのため、キーを車内に残したままにするとドアロックが解除できなくなり、
キー閉じ込みの現象が起こりやすくなっていました。

現在は、スマートキーやインテリジェンスキーの普及により、以前と比べて人為的なミスによるキー閉じ込みは減りましたが、誤作動や故障による原因によりキー閉じ込みが起こる場合もあげられます。

例えば、電子キーでリアゲートなどを開けて荷物を出し入れしている際、車内にキーを置いたまま
閉めてしまうケースなどが考えられます。
ドアを解錠せずにトランクのみを開閉していた場合、キーを閉じ込めてしまいます。
また、独立行政法人国民生活センターには、助手席に電子キーを入れたカバンを置いたまま、
車外に出てドアを閉めたところ、誤作動でロックがかかって車内に子どもが閉じ込められてしまった
というトラブルも報告されています。

これらのトラブルの原因には、人為的ミスのほかにも、電子キーの電池が切れた際の
誤作動によるものも挙げられています。
カギを肌身離さず持ち運ぶことはもちろん、電池残量にも注意するようにしましょう。

もしカギを車内に閉じ込めてしまった場合、自力での対処が難しいときは、
第三者の力を借りて解錠してもらう必要があります。
キー閉じ込みは素人による対処が難しいこともあり、専門家に頼るのが懸命な判断です。