トヨタ新型「ヤリスクロス」が絶好調!

キャプチャ2

皆さんこんにちは!!

トヨタ新型「ヤリスクロス」は、約1か月の先行予約を経て2020年8月31日に発売されました。

注目度の高いコンパクトSUVですが、ユーザーからの反響やグレードはどうなっているのでしょうか。

新型ヤリスクロスは、ヤリスシリーズの「軽快な走り」「先進の安全・安心技術」「低燃費」を受け継ぎながらも、
居住性や荷室空間といったSUVらしいユーティリティ性能を重視して開発された都市型コンパクトSUVです。

ヤリスと同様に、トヨタのTNGAプラットフォームを採用しており、SUVならではの力強さ、存在感を表現したムダなく
バランスのよい洗練されたプロポーションを実現しています。

ボディサイズは、全長4180mm×全幅1765mm×全高1590mm、ホイールベース2560mm、最低地上高170mmです。
エンジンは、1.5リッター直列3気筒ガソリンエンジン、または1.5リッター直列3気筒ガソリンエンジンにモーターを
組み合わせたハイブリッドシステムが搭載されており、それぞれに2WDと4WDが用意されています。
また、ハイブリッド車では、2WDでWLTCモード30.8km/LというSUVの常識を超えたクラス世界トップレベルの低燃費を実現。

安全装備面でも、X“Bパッケージ”を除く全車に最新の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」が標準装備されました。

グレードや価格(消費税込、以下同様)は、ガソリン車の2WDでは、X“Bパッケージ”の179万8000円からZの221万1000円で、
4WDはX“Bパッケージ”の202万9000円からZの244万1000円です。
ハイブリッド車の2WDは、Xの228万4000円からZの258万4000円で、E-FourではXが251万5000円からZグレードの281万5000円となっています。

新型ヤリスクロスは、先行予約期間中に約1万2000台を受注。
当初の月販目標4100台の3倍となり、9月上旬時点での納車時期は3か月待ちだといいます。

話題の新型ヤリスクロスですが、100万円台から設定されていることもあり、幅広いユーザーの関心を集めているようです。

激化するコンパクトSUV市場をけん引する存在になるともいわれますが、2021年初旬にはライバルとなるホンダ「ヴェゼル」の
フルモデルチェンジも噂されているため、同市場の今後からも目が離せませんね!