アウトドア向きの車選び!!

皆さんこんにちは!
今回は「アウトドア」を軸に、走りやすさや使い勝手などにフォーカスした”便利で機能的な車”を
選んでみました。
アウトドアというとSUVやミニバンが注目されがちですが、その他に最適な車種はあるのでしょうか。

・アウトドアに向いている車とは
アウトドアと言ってもいろいろジャンルがあります。
スキーやキャンプもそうですし、自転車を乗せて子どもと一緒に水辺へ出かけるのもアウトドアです。
実際のところ、セダンでもアウトドアには行けます。
ただ、荷物の積載量が十分でなかったり、路面の悪いところで最低地上高(水平な地表面から車体の一番低い箇所までの垂直距離)
がなくて車体をこすってしまったり、ということがあります。
そう考えるとやっぱりアウトドアに最適な車に乗ったほうがいいですね。
「日常づかいも考えるとなるべくコンパクトな方がいい」というサイズを重視する人もいるでしょうし、
「ドライブを楽しく過ごせる車かどうかが大事」という居住性を重視する人もいますよね。
荷物を積み込みやすいなど実用性も大事ですし。
自分なりのアウトドアスタイルを楽しむなら、まずはオシャレなコンパクトカーから始めてみるのもいいでしょう。
ラゲッジルームの使いやすさは大事です。
荷物の積み込みやすさもそうですし、荷室床面の高さもですね。
クーラーボックスとか重い荷物を持ち上げて載せるのは大変ですから。
車によって違いますが「さりげない使いやすさ」って気になるポイントです。
最近はコンパクトなクロスオーバーモデルも増えてきて選びやすくなりました。
ハスラーやクロスビーなどはとても良くできた車です。
シートアレンジも優秀で、いろんな使い方ができます。
アウトドアの入門車種としてはオススメですよ。

地上高がそれほど必要ないなら、トヨタのタンクやルーミーもオススメです。
トヨタは1LD-CAR(1LDKとCARを掛け合わせたもので、部屋のように空間を楽しめる車)とも表現していますね。
家族で使える便利な車です。
リヤシートの後ろは防汚加工が施されているので、掃除がしやすく自転車を積む時にも便利です。

・アウトドアに必要な車の性能とは
一見、同じように見える車であってもシートアレンジの作り次第で使い勝手は大きく変わります。
ラゲッジルームの床下収納が広い車ですとかなり便利に使えます。
これも重要な性能のひとつです。
実は荷室と後席のシートクッションの厚みは関係があって、厚くなるほどシートアレンジの自由度が下がるんです。
荷室をフラットにしづらくなります。「どんな性能を重視するのか」は考えておくべきことですね。
自分のライフスタイルにあわせて、シートアレンジと荷室、どちらを優先するかです。
容積だけでなく載せやすさも大事です。
ロッキーとライズは、4人乗車でも快適に乗れる空間を確保しつつ、荷室も広く、床下にもたくさん積めます。

キャンプする人も、これから始めたい人もアウトドア向きな車を選んで、新しいライフスタイルを見つけるのもオススメです。
特に最近は街乗りでも活躍するSUVやクロスオーバーが流行ってますので、
雰囲気や見た目で選んでみてアウトドアの機会があれば使ってみるのはいいと思います。

『アウトドア向きの車選び、大切な3つのこと』
一、 目的地に行くまでの「乗りやすさ・快適さ」も重視しよう!
二、 シートの仕様や荷室の大きさは必ずチェックしよう!
三、 街乗りや災害時など、アウトドア以外の用途の可能性も考慮しておこう!