エアコンを付けても涼しい車内でも熱中症や脱水症状に注意が必要!?

皆さんこんにちは!
エアコンの効いた車内でも、熱中症や脱水症状を起こすリスクが考えられます。
涼しい車内でも起こる熱中症の原因や、対策方法を紹介します。

・エアコンを付けていても要注意!夏場の車内は熱中症の危険大!
気象庁は、2020年の夏は例年よりも暑くなると予想。
その為熱中症のリスクも非常に高くなるでしょう。
こうした状態では、屋外での熱中症対策に目を向けられる一方でエアコンが効いた車内なら大丈夫だと過信してしまう人も。
しかしエアコンが効いた涼しい車内でも、熱中症や脱水症状を引き起こす可能性は大いにあります。
まず、運転席はサイドガラスだけでなくフロントガラスからも日光を浴び、体に熱がこもりやすい状態です。
こうした輻射熱下では、ドライバーの想像をはるかに越える水分消費がおこなわれています。
更に、エアコンを稼動すると空気が乾燥する為、【隠れ脱水】と呼びますが、運転に集中しているとこまめな給水を忘れてしまう
可能性も高い為注意が必要です。
もちろん運転席以外でも注意が必要です。
座席の場所に関わらず、エアコンを稼動させた状態でも窓ガラス越しに強い日差しが入る上に車種によっては後席にエアコンの風が届きづらい為、
温度が下がりにくい場合も有ります。

また、後部座席に座るのは、子供や高齢者が多い事も考えられられる為、一層の注意が必要です。
特に乳児の場合は、顔に汗をかいていなくてもシートに密着してる背中部分がびっしょり濡れていることがあります。
保護者はこまめに水分を与えるよう心がけて下さい。

・夏に向けてチェックしておきたい車内の熱中症対策
では、車内で熱中症を引き起こさないためには、どういった対策を取るべきなのでしょうか。
なによりも大切なことは、水分補給です。
ドライバーは最低でも1時間から2時間おきに休憩を取り、100mlから200mlほどの水分摂取を心がけましょう。
ここで取る水分は、利尿作用のある緑茶やコーヒーではなく、水や麦茶などノンカフェイン飲料を摂るように意識することも
大切です。
金沢丸善では、エアコンの点検を無料でおこなってますので、暑い夏が来る前に是非一度点検にいらして下さい!!