今流行のクルマのSOSコールを使っていいケースとだめなケース

皆さんこんにちは!!

日産デイズに搭載され、また、あおり運転被害の急増で一躍、注目されているヘルプネット=SOSコール。
クルマやカーナビゲーションの種類によって、エアバッグの展開と連動して自動通報するものや、
前席頭上の専用ボタンによる手動通報、カーナビゲーションの画面にあるHELPボタンによる通報といった種類があります。
現在、国産自動車メーカーではトヨタ(レクサス含む)、ホンダ、日産、マツダが採用し、順次、拡大予定だそうです。

トヨタのプリウスやRAV4、マツダ3、マツダCX-30などのように標準装備される車両、
オプションとなるケースがあるが、これからの流れを考えるとオプションで選ぶことができれば、ぜひ装備したい安心装備です。
じつはこの先、ヘルプネット=SOSコールを可能にする車載専用通信機+バックアップバッテリーの搭載を義務化する可能性があるからです。

その車載専用通信機とは、ドコモ(マツダなど)、au(トヨタなど)、ホンダ(ソフトバンク)の回線を使うもので、電波の届く限り、つながることができる。
では、どんな場面でヘルプネット=SOSコールが役に立つのか。その一例が、事故です。
オペレーターの肉声対応、およびGPSによる自車位置確認によって、警察、消防にスムーズに接続することで緊急時のいち早い対応が可能になります。
あおり運転被害にあったときも、オペレーターが走行位置を確認し、警察に接続。
警察車両と待ち合わせすることで難を逃れることができるんです。
もちろん、乗員が意識を失っているような大事故の場合にも、エアバッグと連動した自動通報が行われ、オペレーターの呼びかけに乗員が応じなければ、
オペレーターが自動送信されたGPS位置情報等のデータにもとづき、救急車の出動を要請してくれます。

そんな、ドライブの安心・安全を担保してくれるヘルプネット=SOSコールだが、勘違いしてほしくないのは、オペレーターサービスとはまったく別ものということ。
SOSコールは110番、119番に通報すべき状況で使用すべきオペレーターサービスは、自動車メーカーによっても異なるが、
遠隔操作によるナビゲーションの目的地設定や、お店の紹介、トラブルの対応、サービス工場の案内なども含まれます。
ヘルプネット=SOSコールはあくまで緊急時の利用に限られます。
その判断基準は明確化されてはいないものの、110番(警察)、119番(消防、救急車)に通報すべき、差し迫った状況……という考え方でよいでしょう。
オペレーターも人員に限りがあり、特段に緊急を要しない接続をすると、本当に緊急に迫られているクルマ、乗員に不利益が生じかねない
(もっとも、SOSコールボタンを押して、つながらないケースは今のところないという)。
ヘルプネット=SOSコール装着車のほとんどは、オペレーターサービスも用意されているはずで、その使い方の区別は、しっかりと頭に叩き込んでおきたい。
道に迷った、深夜に開いているガソリンスタンドを教えてほしい……そんな通報はNGである。

この先、ヘルプネット=SOSコールがクルマに欠かせない先進の安心・安全装備になることは間違いないが、
2020年2月に発売された新型フィットはほとんどのグレードにヘルプネット=SOSコールボタン(赤)が設定されています。
しかも、クルマのトラブルに対応するトラブルサポートボタン(青)を同時設定している親切さに驚かされました。
他車の場合、オペレーターサポートを利用するには、ナビゲーションを操作する必要があり、ほとんどの場合、ワンタッチとはいかないのだ。
そこを、ヘルプネット=SOSコールと区別された青いトラブルサポートボタンを押すだけでトラブルサポートセンターに接続されるのだから便利で安心このうえない。

ヘルプネット=SOSコールは、一生、利用せずに済むことに越したことはないが、万一の際、それこそ命を救ってくれる切り札となりうる”保険”的装備でもある。
シニアドライバーはもちろん、運転初心者、いや、すべてのドライバー、乗員にも絶大なる安心をもたらしてくれるに違いないです。
SOSコールが付いてるといざという時安心ですよね!