トヨタ新型グランエースが東京モーターショー2019で初公開!年内発売へ

グランエース

皆さんこんにちは!

トヨタは東京モーターショー2019にて、新型車「グランエース」を初公開します。
新型グランエースは2019年内に発売予定です。

新型グランエースの注目ポイントは以下3点。

・ビッグサイズ×高級ワゴンという新たなジャンルを開拓
・高級志向の内外装でおもてなしスタイル
・2.8Lクリーンディーゼルエンジンを搭載
トヨタ新型グランエースは、全長5.3m、全幅1.97mと国産車としては大柄なボディに、セミボンネットを採用。
同社の高級ミニバン「アルファード」と、大型ワゴン「ハイエース」を融合させたようなスタイリングが特徴的です。
ゆとりのパッケージングを活かし、3列シート6人乗りと4列シート8人乗りの2タイプを設定。
ワイドボディと上質な室内を特徴とする、フルサイズワゴンとなっています。

トヨタ新型グランエースは、高級感のある快適な移動手段として、他モデルとは一線を画しています。
外装は、最近のトヨタの高級ラインナップに見られる、押し出し感の強いデザイン。
ヘッドランプと融合した大型フロントグリルの採用により、外装デザインはダイナミックに。
随所にクロームを取り入れ、メリハリのある顔立ちです。

内装は「上質」で「華やか」さにこだわり、木目調のインテリアやレザーシートで上質な室内に。
2列目、3列目には電動本革キャプテンシートを備えており、ゆったりとくつろぐことができます。
ロングスライド機構やオットマン機構などを装備し、快適性や利便性の良さも追求しました。

トヨタ新型グランエースには、ハイエースにも採用されている1GD 2.8Lクリーンディーゼルエンジンが搭載されています。
FRレイアウトを採用し、トランスミッションは6速ATです。
重量級ワゴンであることから、パワートレインラインナップはこの1つのみとのこと。

ライバル車はレクサスLMやVクラスなどの高級ミニバン
トヨタ新型グランエースのライバル車は、レクサス LMやメルセデス・ベンツ Vクラスといった、ビッグサイズの高級ミニバンとなります。
レクサス LMは2019年4月の上海モーターショーで世界初公開された、レクサス初のミニバン。
トヨタ アルファード/ヴェルファイアとパーツを共有しています。
LMは日本への導入は未定となっているため、国内販売されればライバルになり得るでしょう。

今回の東京モーターショーは、かなり魅力がありそうですね!!