スズキ 新型ハスラーコンセプトが東京モーターショーで公開!

ハスラー

皆さんこんにちは!

フルモデルチェンジ間近とささやかれてきたスズキ ハスラーですが、
新型コンセプトモデルが今年10月に行われる東京モーターショーで展示されることが発表されました。

展示されるのは通常モデルとルーフラックが取り付けられたアーバンアウトドアスタイル、
それぞれのコンセプトモデルです。
コンセプトとしての扱いではあるもの、限りなく市販モデルに近いのではないかと予想されます。
ハスラーは2013年の発売から1度もモデルチェンジを行っておらず、
このコンセプトが市販化すると初のフルモデルチェンジとなります。
新型ハスラーのフロントマスクは現行のポップな印象からジムニーを思わせるような角張ったデザインになり、
色味に統一感が増しました。
グリル形状は台形から角の丸い長方形に、ヘッドライトは輪郭がはっきりしたものに変更されています。

衝突被害軽減ブレーキ「夜間歩行者検知」をはじめ、後退時ブレーキサポートも搭載。
スズキセーフティサポートの機能を充実させています。
ターボエンジンモデルも用意されており、ターボ車には全車速での追従機能を備えた
アダプティブクルーズコントロールと車線逸脱抑制機能を採用しています。

内装は黒基調でオレンジをアクセントに採用

黒をベースに、オレンジカラーのアクセントが至る箇所に散りばめられています。
特に目を引くのはインパネに3つ並ぶ枠。
助手席のグローブボックス上にある枠は下部の形状からバスの座席テーブルのように見えます。

車体のサイズは現行と比較して車高とホイールベースに変更があります。
スズキ ハスラーコンセプトの車高とホイールベースが1,680mmと2,460mmなのに対し、
現行は1,665mmと2,425mmと、ハスラーコンセプトのほうがどちらもやや増加しています。

モデルチェンジ後のハスラーの売れ行きが気になりますね!