MAZDA3ベースの新型SUV「CX-30」いよいよ日本で発売を開始!

キャプチャ1

皆さんこんにちは!

マツダは、新型クロスオーバーSUV「CX-30(シーエックス・サーティー)」の予約受注を、
2019年9月20日から開始されました。
発売日については、後述するエンジンラインアップのうち、
SKYACTIV-G2.0とSKYACTIV-D1.8搭載車が2019年10月24日、
SKYACTIV-X搭載車は2020年1月以降の予定となってろようです。
同社では「CX-3」と呼ばれるコンパクトSUVが存在するが、CX-30はCX-3の後継車種ではなく、
マツダのSUVラインアップへ新たに追加されたクロスオーバー車です。
CX-30のボディサイズは、ミドルクラスSUVの「CX-5」とコンパクトSUVのCX-3のちょうど中間の大きさになります。
CX-30は、CX-5ほど大きなSUVは必要ないがCX-3ではコンパクトすぎる、
といったユーザーに適しています。
CX-30は、特に都市部などで使いやすいサイズで、縦列駐車がしやすい全長(4,395mm)、
狭い路地などでも運転が楽な全幅(1,795mm)、
立体駐車場に入る全高(1,540mm)といった取り回しのしやすいボディサイズであることが特徴のひとつです。
最低地上高は、クロスオーバーSUVであることからやや高めの175mmに設定されています。

ちなみに、CX-30のライバル車であるトヨタ「C-HR」やホンダ「ヴェゼル」ともボディサイズを比較してみましたが、
それぞれほぼ同等の値となっています。
CX-30:4,395×1,795×1,540mm
C-HR:4,360×1,795×1,550mm
ヴェゼル:4,330×1,770×1,605mm

マツダがCX-30で目指したのは、
「世界でもっとも美しいクロスオーバーSUV」という。
そのエクステリアは、MAZDA3と同じくプレスラインを多用せず、やわらかな面構成によって光の陰影が表現されています。

C-HRやヴェゼルなど、強力なライバルがひしめくコンパクトサイズのクロスオーバーSUVカテゴリー。
CX-3は走りなどにおける基本性能は高かったものの、コンパクトカーの「デミオ」がベースであったために
リアシートなど室内の狭さがネックとなり、拡大させることも難しかった。
そのため、ライバル車に販売台数で大きく差をつけられていたが、
今回のCX-30はCX-3に比べて居住性を大きく改善。
さらに、マツダ最新の新世代技術が投入されていることやMAZDA3から受け継いだ
エクステリアが高い評価を得るであろうことなどを考えると、ライバル車から見てもかなりの脅威となるに違いないでしょう。