新型ジムニーの魅力がもっと知りたい!

ジムニー画像

売れに売れている新型ジムニー。新型ジムニー、そして新型ジムニーシエラは人気すぎて納期が延びているという売れっぷりだそうです。既に納期は1年待ちだとか。。。ジムニーを愛してやまない愛好家のことを「ジムニスト」と呼んだりもします。そんな熱狂的なファンを持つジムニー。改めてその魅力について見ていきましょう。

ジムニーは、1970年(昭和45年)よりスズキから販売されている軽自動車の本格オフロード四輪駆動車です。

アジア・ヨーロッパを中心に活躍の場を広げ、1975年にはスズキ初の海外生産車となりました。発売から40年たちますが、フルモデルチェンジは約20年ぶり、今回で2回目のことになります。

プロユースのみならず、趣味やファッションまで、あらゆるニーズに応える実力と魅力を兼ね備えており、2001年にはシリーズ世界累計販売台数200万台を達成しました。

スズキ ジムニー 名前の由来は?
みなさんは、ジムニーというネーミング、いったいどんな由来があるのかご存知でしょうか。

このジムニーの名前の由来ですが、「ジープ型のミニ」という意味を込めて、「Jeep」+「Mini」+「Tiny」をかけ合わせて作られた造語なんです。

軽自動車ながらも頑丈なラダーフレームが採用された車体は、耐久性と抜群のオフロード性能を併せ持ち、唯一無二の本格派のクロスカントリーの代名詞ともなっています。

ちなみに、普通車カテゴリとなるジムニーシエラの「シエラ」はというと、「山脈」を意味する英語「SIERRA」からきています。

ジムニーファンは、日本のみならず世界中に多くの愛好家がいます。

ジムニーの走破性の高さから、雪道やガレ場、林道から川の中までアタックしてみたり、車中泊仕様にカスタムしてアウトドアを楽しんだり…。

コンパクトなボディとそのワイルドな走行性能に見せられたジムニーを偏愛するオーナーは「ジムニスト」と呼ばれたりします。

つねに「NO JIMNY NO LIFE」な彼らは、遊びに最適なジムニーに惹かれ、道具として愛用しながらライフスタイルの幅を広げています。

ジムニーは、カスタムしやすいフレーム構造とあって、アフターパーツが群を抜いて豊富な車種のひとつ。

また、モデルサイクルの長さとタフな作りから、とても「リセールバリューが良いクルマ」でもあるんです。

20年という歳月を経てもカルトめいた人気で、中古車市場でも高値で取引されています。

魅力たっぷりの「新型ジムニー」
私も一度は乗ってみたい車のひとつです!