車の黄砂!!お手入れと洗車のポイントを紹介!

毎年3月から5月にかけてやってくる厄介な黄色い魔物・・・「黄砂」!
一度クルマのボディに付くとなかなか取れないくせに、普通に洗車すると愛車が傷だらけに!!これはなんとしても避けたいですよね。
最近とくにお客様から、黄砂って普通に洗車しても大丈夫なの?という質問が多かったので、今回は愛車が黄砂まみれになってしまったときに気をつけたいポイントをご紹介していきます。

その前に付着した黄砂を放っておいたらどうなるのか・・・それは車の塗装面にシミや縮みが発生するんです。さらに雨が降ったりなんかすると粘土のようになってさらに厄介なことに!その状態で布などで拭いてしまうとまるで紙やすりでこすったようになってしまいます!!怖いですね・・・

まずお手入れの方法として、黄砂が降ったと感じたらふわふわのモップなどで優しく払い落としましょう。黄砂シーズン前にコーティングをして付着しにくくしておくのもオススメです。
次に洗車時のポイントは、いきなりスポンジなどで擦らないこと!これが1番の傷の原因になります。最初にホースでたっぷりの水をかけて上から黄砂を洗い流しましょう。そして次に柔らかいスポンジにたっぷりの泡で優しく洗っていきます。たっぷりの泡があることでボディに直接触れるのを極力抑え、傷付けにくくなります。絶対に力を入れてはいけません。やさしくやさしく・・・
そして最後に、洗車やコーティングは黄砂の飛散していない日に!これは洗車後の拭上げ時に新たに降った黄砂でボディ表面に傷を入れてしまうことが多いためです。

黄砂はこまめに洗車してあげるとボディへの蓄積を防ぐことができます。理想は週1の洗車です。忙しくて自分で洗車なんてしていられない・・・という方は、当店の手洗い洗車もオススメです☆
とっても厄介な黄砂ですが、しっかりお手入れ対策をとって大切な愛車を守りましょう!