車の雪おろしのコツ!

皆さんこんにちは。
まだまだ雪の降る日が続きそうですね。
今回は雪おろしのコツをお教えします!

まず、雪おろしをする時に最初にエンジンをかけるのは危険です!
マフラーが雪で塞がっていると、車の中に排気ガスが充満して
一酸化炭素中毒を起こす原因になります。
エンジンをかける前にマフラーが雪で塞がってないか確認してから
エンジンをかけるようにしましょう。

・車に積もった雪を車の左右に除雪
車の屋根やフロントガラスには雪が沢山積もっていると思います。
何も考えないで雪かきをすると車の前に雪を積み上げてしまうことがあって
車を出せなくなったりします。
さらに車の前の除雪という手間が一つ増えるので、積もった雪は車の左右に落とす
ようにしましょう。

・ワイパーは上げておく
車の雪かきのときは、最後までワイパーは上げておきます。
こうすることでフロントガラスに積もった雪の雪かきがしやすくなりますし、
除雪した雪の重みでワイパーブレードを曲げたり破損したりすることを防げます。

車を傷つけない方法
・フロントガラス
よく皆さん使用するのがスノーブラシといって、先端(ブラシ、ゴム)柄(プラスチックのヘラ)
ですよね。
柄のヘラの部分は車のフロントガラスにへばりついた氷を、ガリガリ落とす役目をするのですが
フロントガラスに傷がいくため、使用することはあまりオススメしません。
なるべくゴムかブラシの部分が接触しないように押しながら雪おろしを行いましょう。
ここで接触したまま押して雪をおろすとフロントガラスに細かい傷が付く原因となります。
この時にフロントガラスにコーキングをされてない方は、雪がへばりついて取れにくい場合があります。
・ボディ
ボディはブラシの方を使って、フロントガラスと同様に接触しないように雪をおろしましょう。
車の雪おろしをする際は、どんなに気をつけていてもボディの表面に細かい傷が付いてしまいます。
そんな時にコーティングをしておくと傷がつきにくくなります。
また、コーティングは水を弾く作用がありますので、雪が滑るように落ちてくれますので
車の雪おろしがとても楽になります。

車の雪おろしを楽にするには、面倒ですが前もった対策を!!
正しい雪おろしの方法をマスターし、愛車をキレイに保ちましょう!